借金するなら返済のこともきちんと考えなさい

借金をするとき、多くの人が「とにかく早くお金を借りなきゃ」「お金を手にして安心したい」と思っていると思います。
しかし、お金を借り入れるときにはきちんと返すことも考えなくてはいけません。
そうしないと、借りるときは安心しきっているかもしれませんが、返すときに大変なことになるかもしれないからです。
では、返済に関するどんなことを考えておけばいいのでしょうか?


■□■借金は返済方式で選ぶといいかも■□■

キャッシングには、それぞれ返済方式というものがあります。
あまり世間には認知されていないことですが、これによって利息の額が左右されたり、支払い期間が長くなったり短くなったりするのです。
できるだけ利息を小さくし、支払い期間を短くしたいと思うのなら、この方式に注目しておきましょう。
おすすめなのは、なるべく早く返せて、ケースに応じて月々の支払金額が変えられるところです。
早く完済することで利息の増加を抑えられるので、このようなところを選びましょう。


■□■自分が返せるくらいの金額に設定する■□■

借金をするからには、そのお金は必ず返さなくてはいけません。
そこを考えると、申し込みの際に伝える借り入れ希望額は自分が余裕をもって返せるくらいのものでないといけませんね。
金融機関でお金を借りる際に気をつけなくてはならないのは、自分が求めている金額ではなく、自分が返せる金額を借りることです。
返せなければ元も子もないですし、あなたの信用情報に傷がついてその先のキャッシングができなくなってしまうこともあるので十分に気をつけてください。

借金は信用につながっている

私達がお金を借りることが出来るのは、お互いに信用関係が成り立っているからなのです。
お互いを信用しているから借金することが出来るのですが、そのことを全く理解せずに好き勝手に借入している方もいる様子。
借入をしたらきちんと返済することが当たり前ですし、貸している側も返済をしっかりしてもらえることを前提に貸してくれています。
そのため、延滞してしまったり遅延してしまうとあなたの信用度を喪ってしまう事になりますので、気を付けるようにしましょう。


借金する側ではなく逆だったら?

普段私達は借りる側だと思うのですが、もし自分がお金を貸す側だったらどうでしょうか?
やはり、きちんと借金を返済してもらえないとなってしまったら困るのではないでしょうか・・・ちゃんと返済してもらえないと最後まで支払ってもらえないのではないかと言う不安も出てきます。
常に相手の立場に立って物事を考えるようにして、借入をするようにしましょう。


あまりにも調子に乗っていると?

即日融資などで普段から何かと利用しては返済が後回しになっている方は、後々痛い目を見ることになってしまいます。
借金をし過ぎてしまって返済が追い付かず難しくなったり、時として自己破産を迫られる時もあります。
そうなってしまわぬように、計画的に利用していき借金を増やさないようにしていきましょう!

あちこちから借金しない!

金融会社は必ずその方の年収に見合った利用限度額を審査の際に決めますが、納得していない方もいるかもしれません。
特に消費者金融は総量規制の対象になっていますから、利用限度額も年収の3分の1までとされていることが多いのです。
そのため、何社にも申し込みをして借金している方も見られますが、多重債務は決してしない方が良いでしょう。
多重債務をしてしまいますと、返済時の負担がその分大きいものとなってしまいますから多くても2社までにしておくのがベスト。


借金返済できなくなったら?

よくドラマでは怖い人が回収しに来たりしますが、それはあくまでもテレビの中での世界。
現実に自分の借金を返済することが出来なくなってしまった場合、残された方法はたった二つしかありません。
一つは自己破産宣告をすることで、もう一つが任意整理することなのですが、どちらもあまり良いイメージではありませんし、信用情報に登録されることになります。
自己破産してしまうと数年の間金融機関の利用が出来ませんし、任意整理は専門家に相談することになりますから費用が掛かってしまいます。


多重債務してしまったらどうする?

あちこちから借入ばかりして支払いが難しくなってしまった場合、おまとめローンに申し込むのも一つの手です。
おまとめローンは、いくつも抱えている借金を一本化にすることが出来ますので金利の安い場所へ申し込めば、総返済額を少し減らし利息の重複支払いもなくすことができ返済しやすくなります。
借金の事で悩んでいる方は誰かに相談したり、専門家に無料相談するのが良いかもしれません。

時として借金するのは悪くない

お金を借りる=悪い事だというイメージが多くの方に定着していますが、それは目的により変わってくると思います。
例えば、ギャンブルや投資などに使うためと言う理由で借金してしまうのは良くない事ですが、それが生活費の足しや旅行へ行くためなどであれば問題ないのではないでしょうか?
イメージが悪くなってしまうのは、借りた本人がきちんと返済せずにそのまま自己破産をしてしまったりするからではないかと思うのです。


親孝行の為に借金している人も

借入している方の中には、親孝行をしてあげたいと言う理由で借入している方も増えてきているようです。
親孝行をしてあげたいけれど自分の貯金が少ないがために出来なくて、一時的に借金をして旅行をプレゼントしたり食事に誘ったり。
確かに、親がいつまで元気でいてくれるのかなんてわかりませんから、してあげられる時にしてあげたいですよね。
借金をしても後日自分がしっかり返済できるのであれば、借金しても悪くないのではないでしょうか?


冠婚葬祭にだって利用できる

最近では、冠婚葬祭の為に借りられる目的ローンを取り扱う消費者金融が増えています。
ですから、結婚や葬儀の際には消費者金融に頼って少し借金するのも決して悪くない事だと思いますから、頼れるときには頼りましょう。
どうしても不安だと言う方は、まずスタッフの方に質問したり相談を持ち掛けてみてはいかがでしょうか?
きっと親身になって相談に乗ってくれるはずです。

借金をしてしまう人の特徴とは?

消費者金融からお金を借り過ぎて返済できなくなってしまうのは、一体どんな人たちなのでしょうか?
借金をしてしまう人の特徴として多く挙げられているのは、自制心が無く自分をコントロールできない人だと言われています。
意志が弱くギャンブルをよくしている人、何かに関して緩い考えを持っている人などが特徴だと言われていますが、みなさん当てはまっていませんよね?
身の丈が分かっている方や時間などをきっちり守っている方などは、そう言った心配がないのでご安心を!


借金しても悪気が無い

本来、借入をしてそのままにしている事は悪い事なのですが、悪いと思っていないのも一つの特徴なんだそうです。
もちろん、自営業などをしていて借金をしてしまいそれでも経営が火の車になってしまっているケースもあるので、一概には悪く言えないのですが、それはあくまでも一部の人達であって大半は自制心の無さから来ているものなんだとか。
借金は決して悪い事ではないのですが、その後の行動次第で変わってくるものなのでやはりきちんと返済はすべきですよね。


しっかり先の事を考えてから

お金を借りる時は、ちゃんと先の事を考えるようにしてから申し込むのが一番です。
借金してから返済の事を考えていては遅いので、まず先にどのように返済していくのか考える必要があります。
何に対してもゆるい方やルーズな方は、出来るだけ消費者金融から借金しないことをオススメします。